2012/09/04(火)04:10
9/2に、予定通りレルムチャンピオンシップに参加してきました。

思えば、昨年末からウォークラフト(WOW)をやりはじめ、世界戦とか、全国戦とかに、出るのが夢であった。

おさらいであるが、今回の大会に参加するに当たり、
(1)お祭りに参加するんだ。楽しめればよい
(2)したがって、全敗でもよい(楽しめれば)
概ね、その通りになった。

実は、全国大会と言うことで、いつもと違う雰囲気、殺伐なものがあるのではないか、と心配していた。
例えば、ちょっと気を抜くとジャッジキルされるのではないか、スリーブが汚れていたら、マークドと言われるのではないか、あたりである。スリーブは予備を持っていくいことにした。

フタを開けてみると、いつもよりも「和気あいあい」と言っても過言ではなかった。
「あ、治癒1点、してないですよ。」「ありがとう。1点回復いたします。」
「あ、その仲間、攻撃していないですよ。」「ありがとう。では、ヒーローに2点で。」(ここで、「では、有毒の罠で」とやったら鬼畜であるが、そんなことは間違っても無かった)
終始、こんな感じで、皆さんの「楽しくやりたい」という気持ちが伝わってきた。

当日朝、地元の駅を5:40発の電車に乗り、名古屋から新幹線で。
8:40ぐらいに、大久保駅でRAVEさんと待ち合わせてから、会場の「ゲームスペース柏木」へ。
RAVEさんは、深夜バスで東京に入った。

9:15あたりから、続々と集まってくる。
スターマンさんを発見。今回の目的のひとつである、プレマのトレードを行う。
服装がいつもの仕事帰りの格好ではないので、最初は自信が無く、ガン見していた。

いよいよプレーヤーズミーティングが始まる。
一応、目隠ししました

左が、主催者側代表者?のGaryさんである。見ての通りのアングロサクソン?系。
WOWは、ボランティア制度があるのだが、右の人が世話をしてくれた。(プレーヤーでもある。ボランティアでは無かったかな?)

参加者は45人。資格取得者が60人ぐらいであったはずだから、なかなかの参加率。
北海道、大阪、静岡からも参加している。愛知県からは、RAVEさん、少年B、私であった。

構築戦5回戦、ドラフト戦3回戦、ベスト8で決勝トーナメント。

私はいつものアライアンスハンター。ゲン王対策で、有毒の罠を抜き、トロフィーキルを入れた。

ショウイチさんのアドバイスどおり、チョコレートを食べる。
ハネウサギのプレマを使う。

一回戦、相手、ズィンスールがヒーロー。
中身は、あまり覚えていないのだが、15ダメージ与えてから、回復されている。
負け。

二回戦、不戦勝。得意技の一つ。

プレマをスターマンさんから受け取ったトリプレマに変える。
強者から受け取ったプレマで縁起を担ぎたかった。

三回戦、相手、ジャイナプラウドムーア。
無傷で勝った。

四回戦、RAVEさん。太陽の恩恵アマー。
アライアンスハンターを仮想敵にしていて、ちょっと勝つのが難しいと思っていたデッキ。(調整で対戦していた)
実力差もあって負け。

もはや、チョコを食べることは忘れている。

五回戦、ブルーさん。ジャイナプラウドムーアだったはず。
エグゾーストできない、攻撃できない、を多用されるものの、アイリーンの効果でダメージを与えていく。
仲間を出し続けて勝ち。

ブルーさんには、このブログにコメントを付けて頂いたことがある。
なぜこのブログを知る事が出来たか伺ってみたら、WOWに関して、かなりいろいろな文言を付けて検索したら出てきたとのこと。単純に"wowtcg"では、このブログには行きつけない。
ありがたいことである。
「日本語、書く方もお上手ですねえ。」
「シャベルヨリモ、カクホウガ、カンタンカナ?」
そうだなあ。考えてみると、会話はリアルタイムだもん。

ここまでで、3勝2敗。

今回、当たった相手のデッキタイプがたまたま、なのかもしれないが、全般的に相手、仲間をなかなか出してこない。
コスト4以上はなおさらだった。トロフィーキルは5戦の中で、一回も使用していない。
バランダルシルバーリーフは4積みしたのだが、一回も効果使えず。手札から出すタイミングを取れないことが多かった。

(この記事、長くなりましたが、続いてドラフト戦も書きます)

いよいよ、ドラフト戦である。運命の分かれ道である。
コストに関係なく、強いと思われるカードを引くことにした。が、ダメ。
能力、装備を優先して取っていたら、ホードパラディンになった。

一回戦、相手、ジュモゼイン。ドラフトでよくぞここまでシナジーできたなあ、という相手。
海賊リングでトークン出し、トークンの数によって攻守が上がる仲間で戦う。
負け。

二回戦、またまたジュモゼイン。
こちらエクリプスの斧で、いいところまで行くが、相手、7コストのカードで、この斧を奪ってしまう。
もう対応できずに負け。途中、ヒーローを裏返すことができたのに忘れていた。
治癒が、ヒーロー、仲間に1づつあったから、きっちりやっていたらなんとかなったかなあ。

三回戦、アマリアケルサー。いいのがピックできましたね。と言う感じで負け。エキストラまで行った。

ドラフトいいとこなしの全敗。良かったのは野生の化身をピックできたことだけ。(入れられなかった)

終わってみると3勝5敗と惨敗。
次から、ドラフトは、事前にクラス、職業を決めておくのが良いかも。
やっぱり、全てのカードに目を通しておくべきか。(コモン、アンコモンで良いかも)

途中、北海道から来た人と当たった。4~5人で、行きは夜行電車で来たとのこと。帰りはさすがに飛行機。

ここで、足切り。

少年Bは、参加者の中でぶっちぎりの最年少だったせいか、いろいろと親切にされていた。
「なかなか強いね。このカード、入るからあげるよ。」
「いいプレイングしてるね。アライアンスハンターにしたら、もっと勝てるよ。」
真に受けて、オレのアライアンスハンターとデッキ交換を申し出てきた。望むところである。
ジューナシュ、サードック、サヴァギン、ティムリブ、エクシー、召喚の門と、好きなカードばかりだ。

主催のGaryさんからも、ナイショのプレゼントを受け取っていた。(ここで書いたらナイショじゃなくなるか)

Garyさんからは、名古屋のWOW事情を聞かれる。
「名古屋に帰ったら、WOWをやることができないんですよ」
↑名古屋弁まじりの日本語

「(登録店舗をパソコンで見ながら)コノ、ゲーマーズナゴヤハ?」
↑片言の日本語

「フリースペース無くなって、大会は無くなりました」
「テンチョウガ、WOWニキョウミガアルミセナラ、ワタシガイキマス。オシラセクダサイ。」
「シズオカハ、トオイノ?コンドイキマス。」
「わん はんどれっど きろめーたー」
↑私、なぜかここだけ、片言の英語で答えた。遠いことだけは伝わった。

いよいよ決勝トーナメント。最後まで見届けたい。

スターマンさんが、きっちり8人に入っている。

静岡でのボランティア、クックさんがアライアンスハンターで残っていた。
出てくるカードが、ほとんど今回の私のデッキに入っているカードなので、
私「オレのデッキでも、決勝トーナメントに行けたのかなあ。」
少年B「ダメダメ、プレイングが全然違うよ。」
私「あっ、2コストで野生の化身を出した。」
少年B「2コストでも、出す時は出すよ。」「手札見ないと分からないけど、それだけ、悪い手札かもしれないけど。」

少年Bは生意気なのであった。

クックさん、決勝戦まで残るが、準優勝。

記念すべき、日本での初代チャンピオンは、前々回(6/21)の東京出張時、新宿でのレイド戦で、魔王役をやって遊んでくださった方だった。

↓見てね
http://hipohide.blog83.fc2.com/blog-entry-395.html

終了後、ふねさんから、「ひぽひでさんですか?」とお声をかけて頂いた。
はじめまして。ブログ、ツイッターではお互いに知っていたけど。
ふねさんは、今回、貫禄の3位。
シャリンさんと同郷とのこと。シャリンさん、愛知発、全国区の遊戯王プレーヤーだと思っていたけど、関東の人だったのか。

総じて、楽しかった。良い人ばかりだった。このような思いをすると、ちょっと大袈裟だけど、決して冗談ではなく、まじめに、

「人間に生まれて良かった。」

と思う。
人間に生まれたから、(カードゲームとか、)いろんなことができる。
いろんな人と、出会える。

静岡のCZE(9/9)には、行けないはずだったけど、行けるかもしれない。
また、Garyさんに会えるかも。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
スポンサーサイト
2012/08/13(月)20:41
8/12、ワールドオブウォークラフトのレルム予選に参加しましたので、レポートらしきものを書きます。

浜松のマスターズギルド、9人参加。
予選スイスドロー5回戦、上位4人での決勝トーナメント2戦。
人数は、多いとも少ないとも言えないな。

結果は優勝!
9/2のレルムチャンピオンシップ(東京)への参加権も得ました!(行きます)

デッキは、自然ビート。(今までと大きくは変わっていないが、軽量化実施)

少年Bとともに、東名高速で浜松に向かうが、お盆を舐めていた。大渋滞。
途中、「間に合わないのか?」と思ったが、渋滞情報の通過時間はあてにならない。

余裕持って到着、デッキシート記入。
フリー見ていると見たことないデッキが。
私「このデッキで大丈夫だろうか。」「ゲン王、入れた方が良いか?」「やはりキックバック、テリーナケイリン投入すべきか?」と迷いが出る。

しかしながら、スピード重視で、相手が行動を起こす前に致命傷を与える、というコンセプトを貫くことにする。
具体的には、
1、ウィンドスピーカー召喚(ガレットバイスとかでも)(ダメージ0)
2、ブーマー召喚(ウィンドスピーカー2、超音波1、計3)
3、アスペクト張る(ウィンドスピーカー6、ブーマー5、超音波1、累計15ダメージ)
4、ベラワイルダーとか(ウィンドスピーカー6、ブーマー5、超音波1、ベラ5、累計32)
こんな展開は、相手があることだからできないけど、4コスト目でオーバーキル。
ここまではなくとも、近づける展開が目標。

一回戦、少年Bと当たってしまう。負け。
少年Bは、自然ビートを仮想的としていて、なかなか勝てない。
(マーナライトスカイ、ドラコノイド、ジューナシュ入り。召喚の門で、状況に応じて引っ張ってくる)

「やっぱり、無理かなあ。」と、思う。目標の4位以内が遠いものに思えてきた。

二回戦、不戦勝。(助かった)

三回戦(だったと思う)、アライアンスハンター(ミラー)、勝ち。
こっちの手札良すぎでしたね。初手でガレットバイス、ブーマー、アスペクトあったから、理想パターンとは言わないが、相手に展開させない行動ができる。

四回戦、少年Bが唯一負けた、装備で10点以上のダメージを与えてくるデッキ。
展開早くて、大筋決めたまま、勝ち。

四戦終わって、3勝1敗。全勝がいなかったから、決勝に進める!と思ったが、3勝が3人しかいないので、もう一戦、となる。
いやな予感がしたものの、

五回戦、よく覚えていないのだが、勝ち。

実は、遊戯王のように、ライフメモを取ることをしていないのである。
頭のデキのせいもあって、相手がどんなデッキだったかも記憶できない。
今まで、一回の大会でせいぜい二戦程度であったから、メモ取らなかった、もある。
次からは、(三戦以上は)メモを取ろう。

このレポートも、何回戦目か、と内容のひも付けの記憶が怪しいところがあります。

4勝1敗で、予選2位通過。
ちなみに少年Bが1位通過。(ハンターが多かったので、勝てたのだと思う)

この時点で、今回の目的(4位以内、レルムチャンピオンシップへの参加権)を達成。
ツイッターに、東京へ行くぞ、と流したら、ボランティアのふねさんから、「待ってます」と返事いただく。
今回の大会ボランティアは、アングロサクソン系のクックさんでした。
私「東京だと、ブライアンさん知ってますか?」
クックさん「知ってます」
私「デクスターさんは?」
クックさん「知ってます」
私「スターマンさんは?」
クックさん(なぜか爆笑)「知ってます!www」

決勝トーナメント、一回戦。
先にアスペクト張って、主導権を得る。相手、アスペクト張ってきたら、コエアス召喚。
決定的となる。
やっぱり、先にアスペクト張った方は強い。こっちがコエアス召喚したら、相手、コエアスあっても、アスペクト割れない。
勝ち。

決勝戦。少年Bと。
今度は、展開早くて勝った。

優勝!!

↓優勝賞品。カードは複数セットもらえました。
マスターヒーローカードが貴重

今回の勝因は、
地元のDM好きの彼に、スピードでコテンパにやられ続け、問題意識を持てて、デッキ改良を加えられたこと。
(しかし、彼、どんだけ強いんだ?)

少年Bとテストプレイを行えたこと。

このあたり。

常々、何事も、それに費やした「時間量が強さ」、だと思っている。
ここのところ、WOWのことばかり考えていたからなあ。

東京の方々は、毎日のように大会があって、日常にWOWができて、競い合える。
強くなっていく。切磋琢磨というやつ。

東京のレルムチャンピオンシップに勝つと、アトランタに行けるのだが、東京勢の強さを知っているからなあ。

「何よりもスピード」で行くか、「装備割らなくては話にならない」で行くか。


その後、6人でドラフト戦を行う。
賞品は、貴重なプレイマット。欲しかったけど、一勝一敗で、ゲットできず。
しかし!トワイライト要塞ゲット!(取り切り)
↓欲しかった賞品
貴重

最後になりますが、
「ブログ見てますよ」とか、「いつもと違う人と対戦できて良かった」とか、お声をかけて頂けました。
また、到着した時は、駐車場を案内していただきました。

よそ者の私に、ありがとうございました!
参加者もそうだけど、お店も素晴らしかったです!

(ブログ見て頂いている方、よかったらコメントくださいね~)

帰りは、行きよりも大渋滞。3時間半かけて帰宅しました。

プロフィール

ひぽひで

Author:ひぽひで

”ひぽひで”のブログへようこそ!

遊戯王OCGとワ-ルドオブウォークラフト(wowtcg)の話題が中心です!

since 2009/9/6

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
 | いちデュエリストの日常TOPへ | 
Copyright © いちデュエリストの日常 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」