2012/11/30(金)23:38
続きです。

Gary氏が夢の通り、先生になった。
あとは、クックさんが、無駄なことに100万円使わなければ良いが。

新宿では、Gary氏と名古屋でのWOWイベント開催について打ち合わせ。
WOWのイベントの開催主は、ボランティア?(ジャッジ?)と呼ばれる、どちらかと言うとプレーヤー側の人。(もちろん、ショップが開催主でもOK)
日本人としての感覚が邪魔をするのかもしれないが、開催主がショップ、メーカーではないことに違和感がある。
(私の中では)ボランティアだと”手伝い”というイメージが強いので、”エージェント”の方が近いかもしれないけど、無報酬である時点で、やはりボランティアか。

コナミ社は、単なる問屋にしかなっていないように思える。

レルム予選は、ショップから申請できない?、また、ジャッジレベル1では申請できないとのこと。
で、日本ではGary氏レベルでないと開催登録ができないらしい。

Gary氏「コレカラ カエッテ ナゴヤデノ レルムヨセン ヲ トウロク シテオキマス」

次の日、公式HPを見たら登録されていました。

次の日(29日)は、仕事が終わり次第、六本木のコナミゲームステーションで、クラフトカード、バッジカードの交換を予定。
昼休みに、ツイッターで、「夕方にコナミステーションへ行く」と、つぶやいた。時間も何も入れずに。
(時間はこの時点では分からなかった)

結局、17時に終わり、六本木に走る。
コナミゲームステーションに入ると・・・何と、日本チャンプが待っていてくれた!

チャンプ「レイドデッキのカードを日本語に訳しました。」
8ページにも渡る手書きの日本語訳、説明書きを私のために作ってくれたのだ!

涙が出そうなくらい嬉しかったのですが、こらえて、
私「フリー対戦の時間、取れませんか?」

まず、チャンプはアライアンスメイジ。
私は東京に一種類しかデッキを持っていっていない。
メイジデッキは、レルム本戦で二回あたっていたけど、二回とも勝っていたので相性が良いものだと思っていた。
選択した仲間の攻撃を永続的に止められても、上回る展開で勝っていた。

今回、トークンの大量発生、回復を止められず。またアイリーン出した時は即座に除外されて負け。
トークンの使い方は、回復に使う、相手仲間の除去に使う、と場面に応じて対応していた。
強かったなあ。
その後、アライアンスウォーロック(ヴィクトルバルタス)デッキとも対戦する。

そろそろ名古屋に帰る時間。
後ろ髪を引かれる思いでコナセンを後に。

ちなみに、交換したクラフト、バッジカード。
大量ゲット

家に到着し、Gary氏とのメールのやり取りの中で、
日本チャンプからレイドデッキの日本語訳を受け取ったことを伝え、「WOWプレーヤーは、なんと素晴らしい!」と、書き添えた。

Gary氏からも、
「チャンプワ スゴイ デショ!」
「WOWプレーヤー、ホントニ スゴイヒト。ダカラ ワタシ ガンバリマス!」
「ミンナ イイヒト タノシイ」
と返事が来た。
Gary氏の「スゴイ」は、”Great”のことなんだな。

Gary氏も、忙しい中、WOWの為に尽力して、「スゴイ」。

明日は、浜松に缶詰20個かかえて行く予定。

 
スポンサーサイト
プロフィール

ひぽひで

Author:ひぽひで

”ひぽひで”のブログへようこそ!

遊戯王OCGとワ-ルドオブウォークラフト(wowtcg)の話題が中心です!

since 2009/9/6

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
 | いちデュエリストの日常TOPへ |  Next
Copyright © いちデュエリストの日常 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」