2016/02/21(日)13:25
愛用の時計。シチズンATTESA

シチズンアテッサ

この時計は、1990年、1991年頃の、嫁さんからのプレゼントである。

2016年2月現在、しっかり動いている。故障知らず。時も正確に刻んでいる。
シチズンって、腕時計って、凄いと思っている。25年以上、動いて来て、まだまだ動きそう。
サファイアガラスには、キズ一つない。
日本製だからだろうか?

シチズンアテッサ裏

裏面の刻印から、何か読み取れる所はあるかな?
チタン製で軽い。

シチズンアテッササビ

サビが浮いてきて、落そうとしたけど落ちない。
バンドの留めが甘くなってきては、いる。

時計屋さんに持って行ったら、
サビは、「交換の部品が無いので、このまま、そっとしておくのが良いでしょう。」
バンドは、「摩耗しているので、仕方ありませんね。別のバンドと交換したくは無いですよね。」

そのとおりである。このまま、そっと、使い続けたい。

このアテッサを休ませるため、場面に応じた時計を付けようと、少しずつ購入した時計たち。
腕時計たち

今ひとつ、愛着が湧かないなあ。

真ん中の黒い時計は、青年Aのスウェーデン留学の時に貸した。
 
スポンサーサイト
プロフィール

ひぽひで

Author:ひぽひで

”ひぽひで”のブログへようこそ!

遊戯王OCGとワ-ルドオブウォークラフト(wowtcg)の話題が中心です!

since 2009/9/6

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
 | いちデュエリストの日常TOPへ |  Next
Copyright © いちデュエリストの日常 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」