2013/09/21(土)22:00
この9月で、このブログも4周年を迎えることができました。

最近は、随分と更新が少なくなってしまいました。
TCGの大会に出ることが、少なくなった為なのですが、本来は「日記」なので、もっと雑なものでも書いては行きたいです。

毎年書いていたかもしれませんが、このブログのおかげで、たくさんの方と、お知り合いになれました。
(リアルでお会いする人、まだ会ったことがない人も含めて)
ショウイチさんのように、遊戯王OCGの世界チャンピオンになったかたもいらっしゃいますね。

この一年、いろいろなことがありました。
ウォークラフトの日本チャンプから、六本木のコナミステーションで、手書きのレイドデッキ日本語訳を頂いた時は、本当に感動いたしました。
その時の記事

同じく、ウォークラフトのイベント等を名古屋で開くにあたり、なかなか、私の仕事、少年Bの都合が、合わない。Gary氏に、
「(少年Bを除いて)私の都合だけを付けて、開催しましょうか?」
とメールしたところ、Gary氏より、
「それはダメ。親子揃ってゲームしないと。親子の都合に合う時まで、ゆっくり考えましょう。」
との主旨の返信を頂き、Gary氏の親子、家族に対する考えを垣間見たような気がして、好感を持ちました。
結局、その後、名古屋でレルム予選を3回開催することになった。
本選の時は、ご自宅に少年Bと共に、宿泊させていただいた。

この一年を少し超えるけど、2012年のレルム予選(浜松)で、私が優勝、少年Bが二位になったのは、驚きとともに本当に嬉しかった。
静岡か、大阪か、どちらに行くか迷っていたら、静岡市ではなく、浜松市と気がつき、近い方に決めた。
この時は、一回の予選で権利を得ることはできないだろうから、大阪行きも想定していた。
嬉しい誤算。

ウォークラフトは、多くのものを私にもたらしてくれたけど、何もお返しができなかったなあ。

TCG以外だと、青年Aが県立高校から、塾にも行かず、ストレートで京都大学に入学してくれたことが最も嬉しかった。人生の中でも大きな出来事。
お金もかからず、ほんとに親孝行してくれた。
受験の時、一緒に京都に二泊した。
この受験と、WOWで、日本は「東京とそれ以外」でできていることを悟った。
私立大学になると、早稲田、慶應はもちろんのこと、有力な大学が関東圏ばかりに集中。
「チャンスは東京にばかりある」とAも言っていた。
でも、愛知から近い京都にしてくれたことは、ありがたかった。
いざという時は、「よし、わかった!」と車で二時間ぐらいで行ける。

Aの大学合格の時、
「ああ、満たされているなあ。なんか、今、死んでも、悔いはないよなあ。」
とか、感じたら、一気に歳を取ってしまった。
それまでは、遊戯王の大会に出ても、特に年齢を気にしなかったけど、急に歳を感じて気恥ずかしくなった。

ゴールではなく、これからがスタートなのに、ヘンな感覚。

これからの一年、どんなことがあるだろうか。

新しいTCGが沢山できて、どれも面白いだろうけど、それをやる、やらない、続ける、は、学生の人は特に、
「おまえがやるならオレもやる。」「おまえがやっているから、オレも楽しい。」
ですよね?
TCGは相手が有ってこそ。相手次第。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hipohide.blog83.fc2.com/tb.php/520-0fe49a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

ひぽひで

Author:ひぽひで

”ひぽひで”のブログへようこそ!

遊戯王OCGとワ-ルドオブウォークラフト(wowtcg)の話題が中心です!

since 2009/9/6

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
 | いちデュエリストの日常TOPへ | 
Copyright © いちデュエリストの日常 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」